続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

<a href="http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/members/COLUMN/20040917/105340/">第41回 下請けIT産業に未来はあるのか?</a>

(via それでも明日はやってくる。 経由 Smallbiz)

下請けをやっていれば、営業コストは殆どゼロで、しかもOJTと称して顧客にSEを育成してもらえます。汎用機の時代だったころには、プロジェクト期間が長いので、一旦仕事を請ければ永く食べられました。ズブの新人をプロジェクトに入れれば、お金をもらいながら職業訓練ができます。超ベテランよりも、見習いに毛が生えた程度のSE(プログラマー)を派遣するほうが、給料も安くてITベンダーにとってはおいしいのです。若くて素直ですから、彼ら彼女の育成というと、プライムコントラクターが責任を感じてくれます。下請けITベンダーの経営者は、ホクホク顔で笑いが止まりません。

というのが今でも続いているんですね。
しかもSOHOになると、2次請け、3次請けといった底辺に行く可能性が高くなります。
デスマるのも当然ですわ。