続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

プログラマは怠惰でないと勤まらない

一度作ったプログラムを修正する時に、似たような部分を探して全部書き直したりするのは、とてもじゃないけど耐えられないという人である。なんとか楽をしたいというニーズはこういうところから生まれる。

PerlをつくったLarry氏の弁がこれですね。
この以下に書く量を減らすかということが、大事なんだと思います。
コスト的にも品質的にも