続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

アジャイル

2章 なぜ計画づくりに失敗するのか まとめ

1章に続いて2章を読んだのでまとめ。2章では、従来のプロジェクトが見積もりどおりにいかないかを考察している。 そもそも、 見積もりとはxxの期間で確率yy%でできるという予想でしかない。しかし、実際はそれが達成しなければならない約束となっている。 最…

本当に身につく読書のしかた

現在、アジャイルな見積もりと計画づくりで試している本の読み方のメモ 知的ストレッチ入門とひと月百冊読み、三百枚書く私の方法を混ぜてアレンジしただけです。方法は、 まず本の1章分を読む このとき、気になった部分に付箋を貼る 手帳に付箋を貼ったとこ…

1章レビュー

「アジャイルな見積もりと計画づくり (asin:4839924023)」を読み始めた。 とりあえず1章まで読んだのでまとめ。・計画とは、現時点での情報を元にした予想である ・計画は不確実であるが、プロジェクトを進めることで確実性はあがる。なので、定期的に見直す…

ビジネス指向というよりは現実指向

アジャイルってビジネス指向且つ人指向ですよね。アジャイルは明らかに変化の激しいビジネスに対応しようって目的やし、従来遵守するべきと思われたQCDよりも顧客への価値提供をこだわるし(もちろんQCDも大事!)ビジネス指向やなーと。 アジャイルの基本は…

製品開発もアジャイル

「自由と自己責任」という社員の強いプロ意識を武器に、次々と新製品を開発、業績を伸ばす携帯電話部品メーカーを取り上げる。開発するのは、二つ折り型携帯電話の接合部“ヒンジ”と呼ばれるちょうつがい。 特集された会社は社員数30数名の中小企業ですが、業…

<a href="http://d.hatena.ne.jp/daxnaya/20040928#p1">スクラムを導入したプロジェクトを振り返ってみる</a>

スクラムを導入していたはずのプロジェクトが瓦解している。横槍が入ったりスタッフが別の仕事に絡んだりすると、なし崩し的になってしまうのが今後の課題である。管理者層がしっかり意識しないと効果的な運用はなかなか難しい。 というわけでアジャイルでも…

<a href="http://d.hatena.ne.jp/habuakihiro/20040925#1096045022">バグを在庫と考えると…</a>

。バグを品質問題と見ずに敢えて不良在庫と見なすとどういう風になるか。貯めない工夫がいる。そもそも仕入をしない即ち作らないというのが最上。とはいえ、バリューチェーンにおいて(最終提供価値に直結するものは)必要なら作らないといけない。 XPやアジ…

<a href="http://d.hatena.ne.jp/satoshis/20040910#p4">Re: 読んではいけない</a>

(via この道はいつか来た道... REBOOTED 経由 今日の役に立たない一言 − Today’s Trifle! −) アジャイル関係の本って、アジャイルに興味を持ったプロジェクトマネージャみたいな人が読んでくれない限り、アジャイルが採用されるっことは無いだろうけど、この…

転ばぬ先のリファクタリング

「業務のコードをリファクタリングするケースが想像付かない」とのこと。 そこで僕が「理解容易性の向上と設計の向上を行う為にリファクタリングですよ。」と言ってみたら 「そもそも設計が悪いんじゃないの?」とのこと。 XPer的考えからすれば、リファクタ…