続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

こういうやからは銀行口座を停めよう

(via Togetter - 「ニコニコ動画と著作権とアレな業者」)

@zen_p
@lostnamer その人、ニコ動云々だけじゃなくて、普通に海賊版CD売ってる真性のクズよ もうネットレーベルのような、原著作者の黙認で出来上がる音楽シーンとかの話とはわけが違う
2010-12-19 19:17:07

相手が法律違反な企業なのは確かですね。だからこそ法律を使うほうがいい。
とはいっても、販売禁止にしても意味はありません。こういうやからは別のサイトつくって同じことするから。
大事なのは銀行口座を停止することです。

大事なことだからもう一回言います。
やるべきことは銀行口座の停止です。

なぜか。
自分が個人事業主なのでわかりますが、ビジネスにおいて銀行口座は生命線です。

1. お金の出し入りに使う。
当然のことですが、銀行口座はお金を扱うためのものです。しかし、ビジネス用の銀行口座は仕入れなどのビジネスのお金を使うというのが大違いです。
まずは売った代金の回収。今回の企業ならコピーCDを販売した代金の受け口になります。
つまり、口座がとまれば受け取れるはずのお金が受け取れなくなります。
もうひとつ重要なのが支払いに使うという面です。
ビジネスだと掛けで買うという場合が多くあります。簡単に言えばモノやサービスだけ先に受け取って月末などに後払いする買い方です。
賭けは通常、銀行からお金を引き落とします。口座が停まればお金を引き落とすことはできません。
そのため新たにお金を用意して支払うか、払えなくなって契約違反になるかのどちらかです。
キャンセルという可能性もありますが、キャンセル料があります。これがはらえるかどうかは微妙なところです

2. (会社の)信用
ビジネス用の銀行口座が大事なのは、それが会社の信用の基本となるからです。
会社のためにお金を借りるときの信用は、銀行口座による信用が基本となります。
その銀行口座にどのくらいお金が入っているか、これが銀行が貸すお金の目安になります。当然多いほどがいい。
もうひとつ大事なのが履歴です。銀行からいくら借りたか、いくら返したか、返せなかったことはないか。これでちゃんと返したいる会社は信用があります。返せなかったことがあると信用はその分減ります。
銀行口座が停められた場合は、それまでの履歴はなくなります。しかも、銀行口座が停められた事態になったということで会社の信用が落ちます。
でてくるのはマイナスの信用。そのままではお金が貸せない状態になります。

3. ビジネス用の銀行口座は簡単には開けない
重要なのはビジネス用の銀行口座はそう簡単に開くことができない、ということがあります。
ビジネスで大事なのは信用、銀行がビジネス用の銀行口座を開いた場合はその会社(個人事業ならその事業主)に信用があると銀行が認めたことになります。
ですから、ビジネス用の銀行口座の開設は大変です。会社ならその信用調査がありますし、個人事業でも同じです。個人の場合では少なくとも貯蓄額や借金などは調べられるでしょう。
銀行口座の停止は大きな影響が出てきます。上記の調査でなぜ口座が停止されたかを調べられますから。
会社が違法な行為をしたために停められたのであれば、新たなビジネス用口座を開くのは不可能に近いということになります。

4. ブラックリストにのる
銀行口座を停止することで期待できるのは、事業主がブラックリストに載ることです。
違法行為で口座を停止したということは、事業主の経歴の情報に載ることになります。
司法の結果であり、公の情報ですから。(たぶん、調査はしていません)
そうなれば事業主がビジネスを継続するのは難しくなります。
信用情報として違法行為をした記録が残りますから。

そういうことで、こういう人を懲らしめたい場合は口座の停止を狙ったほうが良いわけです