続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

確かに、収奪に反応した。

(via その楽園に俺も住みたい。:島国大和のド畜生)

比較優位、とか
 比較優位の結果生まれる差は、どこがワリを食ってるか(以下略)


自分のブックマークのことですかね。そのまんま比較優位って使ってるし。
取引は双方に利益があるのが必要条件だったので、収奪という言葉を誤読したのですね。
後は、時刻に有利なルールを作るとしっぺ返しがくるので少なくとも現時点で公平にしたほうがいい
というのが自分のスタンスです。

もう一つは、日本の政治家や社長に戦略を求めるのがお門違いと思ってます。
現状の政治家や企業の社長は、20世紀の勤勉なものづくり脳なのでいまにあった戦略はできません。
そこは、若い人に任せるのがお薦め。自分も含めて上の人は邪魔しない。

これが基本スタンスですかね。

その上で自分の場合は、こうします。

1. 東南アジアに富をばら撒く
ここにお金を出して恩を売れば日本のファンになる。それに工場移転などで経済発展させれば消費者になる。
このときに日本のものを買いたいという状態にしておくことが重要

2. 東南アジアのインフラを21世紀型の充電池メインの軽いインフラにする
自転車・自動車といった交通手段はもちろん、耕運機などの農機具などもすべてそのインフラにあわせる。
プロパンガスみたいに充電池を貸す商売や、ガソリンスタンドの代わりに充電池スタンドをつくる

3. 充電池の国際標準で日本がリーダーシップをとる。
2.の電池は基本的に共通化することが基本。これの国際標準化で日本がリーダーシップをとることが大事。

4.基盤技術は日本の企業がとる
説明は不要ですね。

要するにばら撒くのはいいけど戦略を考えろってことですかね