続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

粛々とWebサービスを開発すればいいと思うよ

(via 無責任な顧客企業とSIビジネスは鶏と卵 - カレーなる辛口Javaな転職日記)

これから数年のSI業界不況でなんちゃってエンジニアは黙っていても淘汰されるだろうが...。

残念だが,私はそこまで楽観的にはなれない.

顧客企業が変わらない限り,人月単価は低下しつづけ,それ以上に品質が低下し,今まで以上に「なんちゃってエンジニア」の比率は高まるかもしれない.そして顧客企業は,今まで以上に品質の悪いシステムに高い金を払い続けることになるのである.

数年では変わらなくても10年たったら変わってると思います。中小企業や事業主のようなブルーオーシャンがあるわけだし。
そもそも現在のSIerが狙っているのは、1千万や億を払ってくれる企業が対象です。10万-20万といった予算に汲々としている中小企業は対象にしていない。
現在のGMailをはじめとしたWebサービスは一般の個人を対象としています。Google Appsみたいなビジネスユースもあるけど主流じゃない。
ここに商機があります。

中小企業の経理・会計、在庫管理、顧客サービスなど作るべきサービスはたくさんあります。
クラウドビジネスだとそこを狙える。

そしてWebサービスが大多数になればSIerのカスタマイズは基本的にいらなくなります。
ここの会社のビジネスよりも、企業間のインターフェースが重要になるから。

家庭や個人というビジネスもあります。
これからは共有・シェアが重要になって来るでしょうし、家計や節約といったことも必要になってきます。
これらもWebサービスを作ってビジネスになるはずです。

クラウドはまだバズワードですけど、数年たったら実用に耐えるサービスが出てくるのではないでしょうか