続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

工人舎、EeePCなどに対抗の低価格ミニノートPCを発売。

(via CNET Japan)

工人舎は4月15日、モバイルノートPC「KOHJINSHA SA シリーズ」に機能を厳選した5万9800円の低価格モデルおよびOffice搭載モデルを追加、4月18日より販売を開始すると発表した。

 今回発売されるのは、5万9800円という低価格を実現した「SA5KX08AL」と、7万9800円でOfficeを搭載した「SA5KX08FL」の2モデルだ。スペックはいずれも同じで、本体サイズが高さ25.4mm×幅218mm×奥行き163mm、標準バッテリ装着時の重量は約945g。

ミニノートPC分野で日本製で使い勝手にこだわっているのが工人舎です。しかし、EeeやCloudbookの登場で競争が激しくなってきたのも確かです。
その中で、59800円という価格帯でのPC発売は真っ向から勝負を挑んでいるといえるでしょう。
インメモリは512MBと他のPCと同じですが、HDD100GB、CFスロットなどで勝っており自分もほしくなりました。
今後はミニノート分野での競争が激しくなるでしょうから、こういったニュースには注目しておく必要があるでしょう。