続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

年金支払いで危機にある中小企業

(via WBS)
企業の年金は、国民年金・厚生年金・厚生年金基金の3階建てでできています。
このうち厚生年金基金は団体で運用を代行しており、未払いの部分は入会している会社が連帯責任で支払っています。
近年、不況のため基金を解散している企業も多いのですが、代行したお金は国に返済しなくてはいけません。これが不良債権となり、倒産の危機になる会社も多いのです。
とくにひとつの会社が倒産すると未払いの基金は残った会社に負債としてのしかかってきています。
TVに出ているタクシー会社では2社が倒産した連帯責任で2千万円の負債ができたとか。これは中小企業には思い負担です。
社員を年金から勝手に脱退させ、もらえるはずの一時金を着服する会社もあるといいます。
社会保険事務所など会社以外でもおなじようなケースがあります。
年金の問題はかなり広がっていると見ていいでしょう。