続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

人口ダイヤに新たな可能性

(via WBS)
愛媛技術が開発したのが天然のダイヤより2倍硬い人口ダイヤ。
研究室のもともとのテーマは地球の内部構造で超高圧は高熱をつかった実験をしてきました。その過程で、これほどの硬さのダイヤが出てきたわけです。
人口ダイヤ自体は工具などによる精密加工なのですが、最近はレンズとしての役割もあがってきました。
LSIなどの回路の焼付けはシリコンを使っていたわけですが、ダイヤを使える速度が10倍になります。
ダイヤモンド自体は熱伝導の良さや硬度、安定製などで優れた特性をもっています。

今後はダイヤモンドによる半導体など新たな可能性が出てきています。
今後の技術開発に注目ですね。