続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

真似をされるメイドインジャパン

(via WBS)
メイドインジャパンが価値のある現代では、模倣品やジャパンと名前をつけた製品が売られてきています。
中国ではそれが顕著。意味なく日本語を書くことで価値を上げるという戦略も出てきています。
また、インターネットで日本の商標などを調べ、中国で登録するということも普通に行われています。
知財の民事裁判では大体勝ってはいるようですが、コストがかかるのも事実。
いかにメイドインジャパンの価値を守るかが今後の課題です。