続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

三角合併でM&Aはどうかわるか

(via WBS)
三角合併が明日解禁されます。今までは合併には現金を調達する必要があったのに対し、三角合併は自分の株式で買収できるのが強み。
買収される側の株主は現金の代わりに合併もとの株式を得ることができます。
三角合併では買収された側の株主の株が外国の株になるということ、合併には総会の決議が必要なことがハードルになります。株主にとっては株が外国株になると売り買いをどうするかなどの不安が多く、そう簡単には合併が行われないという見方が大勢です。
とはいえ、現在の日本の企業は割安になっているものが多いのは確か。今後の動向には注目が必要です。