続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

大きくても注ぎやすい

(via WBS)
1リットルの大型PETボトルは注ぎにくいという欠点がありました。
そこで出てきたのが新しく開発したボトル。ボトルの口の部分を押し下げることで空気と水が一定量で出るようになります。開発したのはタートルボトルという中小企業。
小さな工夫ですが、デザインで問題を解決した好例です。
応用範囲も広いので今後が楽しみです。