続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

日本の文房具は…

(via がっちりマンデー)
身近にある文房具。これにも日本のモノづくりの強さが秘められています。
まずは鉛筆。ここ数年、売上げが下がってきましたが中高年の脳トレという書き写しで前年比1.5倍となっています。ここで使われているのがユニ鉛筆。滑らかな書き味と金の刻印という高級感でロングセラーとなっています。

ノートはKOKUYO、カッターはオルファなどほぼ一社独占状態です。
こういった文房具は地味ですが、その良さは日本特有のもの。

現在もゲルインキボールペンで激しい市場戦を繰り広げており、どんどんいいものがでてきています。
これからも地味なモノ作りの良さが続くであろう文房具業界。
世界を考えて開発するのが今後の成功のカギでしょう

広告を非表示にする