続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

重さがぴったり

(via WBS)
今回紹介されたのがはかりのイシダ。
というわけで紹介されたのが測って袋詰をする自動化する装置、自動組み合わせ計量機のトップメーカーです。
現在はこの装置の世界シェア7割。1万2千台を海外に納入しています。

1台に14個のセンサーがついて重さを量り、1万6千通りの組み合わせが可能。これにより誤差がほとんどない袋詰を可能にしています。
1分間に100回以上の計量能力で人手はとうてい不可能な速さで袋詰を行っており、食品メーカーなどでは欠かせない装置になっています。
こういった強いメーカーが存在することこそ、日本の強さなんですよね。

広告を非表示にする