続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

経済産業省がソースタギングで実験

(via WBS)
今後の流通などでトレーサビリティの基本となる無線ICタグ。これをメーカーの製造段階時点で取り付け流通・小売でも共通化して行う実験を経済産業省がはじめました。
これによりICタグのコスト削減とトレーサビリティを上げることが狙いです。

現状はバーコードでやっていたのですがICタグで効率が1割UP,しかもシステムと連動して何をどれくらい送ったのかを流通や小売まで送っています。
このため在庫確認は大幅に省力化、メーカーも現在の売れ筋がオンラインでわかるため省力化とマーケティングに利用できます。

問題はコスト負担ですが、今後の日本を考えると普及は時間の問題でしょう。