続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

ポイント事業に大手IT企業が動く

(via WBS)
PeXというポイントがあります。その名のとおりペックスが運用しているポイントでポイントを変換できるのが一番の売りです。
新たに始まったAMAZONのポイントや楽天のシルバーポイントをPeXにしておけば必要な時にポイントにできますし、イーバンク銀行でお金に換金もできます。
ポイントがさまざまな企業に進出している中、興味深いサービスです。

さらに興味深いサービスもあります。神楽坂商店街では商店街共通のポイントカードを作成し、地域通貨のように流通させています。
ポイントカードは囲い込みの手段ですが、このように地域の商店街がやることで地域活性化の手段にもなります。

さらに共通ポイントサービスというのが出てきています。
サイモンズという会社が全国加盟店のポイントの管理・運営を行っています。
これですと地元のお店で買ったポイントが東京で使えるということもあり、市場がさらに広がっていきます。

ポイントはすでに第2の通貨と言えるでしょう。