続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

新技術で老朽化した建物を再生

(via WBS)
高度成長期に造られた建物やトンネルが50年をむかえ老朽化に悩まされています。
そこに新技術やベンチャーが活躍する余地があります。
エムビーエスというベンチャーではコンクリート用のガラス繊維を含む特殊コーティング剤を開発。
吹き付けるだけで補修ができるだけでなく強度も高まるというのが売り。マンションオーナーなどに好評です。

日本のマンションの寿命は30数年、何らかの対策が必要になってきています。
いかに建物を維持し、価値を高めるかが今後のビジネスチャンスになっています。