続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

合宿で成果を上げる

(via WBS)
いま如何に効率的に仕事をするかが問題になってきています。
特にサービス業などの非製造業の生産性は低く、先進7か国中最低となっています。

というわけで色々な企業でホワイトカラーの仕事の業務の改善が図られています。
たとえば、
電話番のシフト製。30分間隔で電話を受け取る人を決めます。これにより電話で中断されることが無くなり、業務に集中できます。
インテージというリサーチ会社ではフリーオフィス+IM。どこでもだれでもミーティングができるようにすることで、能率UPを狙っています。
同志社大学では松下などと意共同で知的オフィス環境コンソーシアムを結成、能率的に仕事ができる環境を研究しています。

良品計画ではノー残業をかかげ、時間内に仕事を終わらせることを各個人に考えさせています。

いずれにせよ、いかに改革と工夫をして生産性を上げるかが問われているようです。