続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

40%減少でマンガ雑誌市場が変わる。

(via 経済最前線)
マンガ雑誌は年間8億部、2400億円分が販売されています。しかし、10年前と比べると部数が40%減少しているそうです。
というのは、家に雑誌がたまるの嫌だったり立ち読みですませる人が増えたため。
青年向けでも140万部から90万部と減少しています。

というのも読者が話題になった漫画を単行本で読むというスタイルが普通になったことや、ネットカフェなどで立ち読みすることが増えてきたのが原因だとか。

そこで増えてきたのがインターネットなどとのメディアの融合。Webでの無料マンガ雑誌やフリーペーパー形式の漫画雑誌が出てきています。
漫画での稼ぎ方が雑誌から単行本やドラマ化などのクロスメディアが中心になってきたということです。