続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

クレジットカード、使ってくれなければ意味はない。

(via WBS)
日本人は平均クレジットカードを3枚持っています、が使われているのは平均1.9枚。
1枚は死蔵されていて意味がない状態です。

しかし、クレジットカード自体の存在感は増してきています。
タクシーや病院などカードが使える場所が増えてきたことに加え、いままで銀行の牙城だった公共料金の支払いもカードでできるようになりました。
地方銀行ではカード払いへの切り替えは顧客が減ることの直結することになり死活問題です。
そこで地方銀行が利用者を自銀のクレジットカード会員に勧誘しているようになりました。

来年からは地方税や電話料金、水道料金などもカードで支払えるようになるということで、金融市場の競争が激化してきているといえるでしょう。