続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

リタイアメントコミュニティを目指す住宅会社

(via WBS)
2007年問題などで団塊の世代の引退問題が取りざたされています。
住宅会社ではそれにあわせた戦略を出してきました。

それがリタイアメントコミュニティ。新たにマンションを建設し、引退した高齢者に入居してもらう計画です。
老人ホームと違うのは、高齢者向けのサービスをしつつも自分の家という感覚で住めること。
マンションによっては30代などの普通の人も一緒に住む場合もあるようです。

ただ介護やサービスといった部分はどうしても人手がかかります。それが今後、懸念される点です。
これをどう解決するかは、こういった会社だけでなく日本の社会全体で考える必要があるでしょう。