続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

エプソンも電子ペーパー開発

セイコーエプソンは世界で最も薄い折り曲げ可能な電子ペーパーを開発した。厚みは従来品の4分の1で、一般的なコピー用紙と同等。薄く軽量で、折り曲げられ衝撃にも強いことから電子書籍など幅広い用途を見込む。

電子ペーパー市場はこれから拡大が見込まれるので、どこも開発に必死ですね。
ただ大きさと値段がネックなのは同じ。
エプソンもこれから大型化と値段を下げるところが問題になってくるとおもいます。

電子ペーパー自体は、日立や富士通といったところも開発しているので、かなりの激戦が予想されます。
どこが勝ち残るかは予想できません。
その意味では、投資は難しいといえるでしょう。

狙いは電子ペーパーの部品や作成機械メーカーかな?