続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

いい方法かもしれない

Amazon e託販売サービスは、出版社やメーカーなど、自社商品の販売権を持つ企業向けのサービスで、アマゾンが承認した企業のみが利用可能だ。企業はまずアマゾンに出品したい商品を登録する。すると、アマゾンが需要予測に基づいて仕入れ数を指定し、その数に応じて企業がアマゾンに商品を配送する。アマゾンは商品を自社の物流センター「アマゾン市川FC(フルフィルメントセンター)」に保管し、顧客の??

AMAZONが承認するというのがちょっといやな感じもしますが、売上げやシステム管理という面から見るとしょうがないでしょう。
ただ販売業者からみれば一気に拡販するチャンスなので、これは大きな一歩。
たとえば、コトブキヤなどのフィギュアとか情報商材を販売している会社などが大量に増える可能性がありますね。