続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

SUNのオープン戦略が実を結び始めた

つまり、OpenSolaris戦略が、Solarisの採用を増加させ、結果的にSunのビジネス・チャンスを増加させたと言うことである。"Participation Age"を標榜するSunの戦略が1年を経てようやく実を結び始めたとも理解できる。

Solarisオープンソースにした結果が身を結び始めたと言うところでしょうか?
すでにサーバOSとして実績のあるSolarisが自由に使えると言うのは魅力があるし、使ってもらえればビジネスチャンスが増えるのも当然です。
Javaオープンソース化するそうですし、うまくいけばSUNの復活も間近と言えるでしょうね。