続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

NECがストレージのシェア拡大にのりだす

(via 日経BP)

NECと米EMCは4月5日、日本およびグローバル市場におけるストレージ事業で提携の強化を発表した。共同開発したストレージ製品を、NECが国内で製造してEMCにOEM提供するなど、広範囲で協業する。NECの矢野薫社長は「これまでNECは国内のEMC製品の販売でトップSIerとして協業してきた。今後はハード・ソフトの開発、システム構築まで広範囲に協業し、次世代の情報管理市場のグローバルリーダーを目指す」と語った。

IT家電やデータセンターなどの需要で、ストレージはますます重要になってきています。
その意味で、こういった提携はいい方向でしょう。EMCはシェアが大きいですし、名より実を取るという意味でも。
ただ、今度はPCのクラスター化などで応答性能などの性能問題が出てきます。
これをクリアできるかどうかが今後の課題ですね。