続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

超電導電線が実用化を視野に

住友電気工業は6日、ビスマス系超電導線の臨界電流値で201アンぺアを実証したと発表した。加圧焼成技術で成分調整などを最適化したことで、高電流化を実現。従来は同社が達成した192アンぺアが世界最高性能だった。現在は3メートル程度で性能を実証しており、06年夏をめどに1000メートル程度に長尺化するなど高性能超電導線の実用化を進める。

超電導は電気抵抗が0なので、無駄なく電気を運べます。
200アンペアを超えたということはそれが業務レベルで実用化に入ってきたということでしょうね。