続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

ローパワーで世界に挑む

ハルキゲニア、産学共同で開発している次世代の車ロボットです。そこで出てきたのがローパワー(省電力)。現在の集中型ではなく分散型アーキテクチャで、ローパワーを実現しています。
ベンチャーでもローパワーがあります。子型のレギュレーターを開発し、2-3割の電力減が実現しています。

さらに減らすべきといわれているのが空調や照明といった固定費とよばれる電気エネルギー。
コンビニでは24時間営業が基本なので電力量が半端じゃありません。ここでも省エネルギーが図られています。

将来の市場としてもローパワーは一考の価値があります。