続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

電子ペーパーの覇権争いが激化

(via WBS)
次世代の表示技術として電子ペーパーの争いが激化しています。
薄くて軽い上に電池で半年ほど動く低電力、一回設置すればポスターなどの画像の更新が手軽にできるとあって、いま注目されている技術です。
富士通は自社開発の電子ペーパー技術を使いICタグなどと組み合わせて在庫管理システムを、日立は駅での看板などに進出しています。
凸版印刷も攻勢を強めています。アメリカのEinkと組み合わせてシチズンに技術供与。シチズンでは電子ペーパーを携帯電話に搭載する予定です。
問題は用途開発。電子ペーパーを使う理由が今はないというところがネックのようです。
の液晶や紙で使われているものを置き換える理由を見つけることが普及のカギですね。