続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

予想通りの展開、でもこれで生き延びるかも

平松社長は,同社グループの事業を「ファイナンス」「メディア」「ビジネス・ソリューション」の3分野と定義し,これらに経営資源を集中していくとした。ビジネス・ソリューションとは,一般消費者向け事業ではなく対法人の事業で,業務用ソフトとネットワーク事業が該当する。

 平松社長は「ビジネス・ソリューションの核となるのは弥生株式会社。業務用ソフトで約60%のシェアを持っており,54万社もの中小企業のお客様がいる」と説明。弥生を核にした理由は,「(平松社長の出身母体であるため)地の利がある。自分のフィールドでプレイをしよう」ということだと述べた。“地の利”がある中小企業のユーザーに対して,同社のネットワーク事業のサービスを利用してもらうなどの効果を狙うとした。

弥生は自分も使ってますし、安定的なサービスを続けています。
ライブドア社長の平松氏が弥生出身である以上、当然の帰結なのですがこれでライブドアが生き延びるであろう安心感が出てきましたね。

とはいってもライブドア上場廃止は決定的なので再上場があるかどうかの問題にはなります。