続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

カップ酒で日本酒を売り込め

石川県では、県をあげてカップ酒のイメージをあげようとしています。
具体的には、ピンク色のカクテル風なカップ酒などを作り、女性や若者向けへのリーチを拡大させています。
実際、売上も好調で若者などの消費が増えているそうです。

日本酒の消費量は年々落ち込んでいます。最初の一口としてカップ酒を売り込むことで、消費者に日本酒のブランドを浸透させ日本酒の売上回復を狙っているのです。

ハードルは高いですが、地酒などの品揃えが増えることで日本酒が復活することはありえる話です。