続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

誰がコンテンツを買うのか?

在京のテレビ民放5社と電通が共同で番組のインターネット配信事業に来春から乗り出す。民放各社の提供番組に電通が広告をつけ、定時配信する。放送局と広告会社が提携することで無料での番組ネット配信の普及に拍車がかかりそうだ。

まだTVとの同時放送ですけど、すぐにビデオオンデマンド・ネットのみの選考放送などのサービスが立ち上がりますよね。
とすると、どこがニュース・ドラマ・アニメなどのコンテンツを作る供給するかがポイントになってくるとおもいます。
TV会社の存続も難しくなってくるのでは?