続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

情報公開する企業が成長する

概要書にいわく、
・企業は正直になれ、オープンになれ。それが消費者を獲得する最良の方策
・情報はケチらずに出せ。消費者が判断のために必要としている情報は全部出せ
・この方針に立てば、顧客のリテンション率は高まり、売上は安定し、より安いマーケティングコストでより多くの利益を創出できる
とのことです。

このTrust-based Marketingの考え方(=Radical Trust)が有効だとすると、社内の会議や戦略策定のプロセスなんかがポッドキャスティングされるような企業が勝つということなりますね。

このはてなが典型例ですね。
少なくともIT技術者としては仕事をしたい環境になっていて、その結果が今の状態。
これがもっと一般人向けにわかりやすく公開することが求められてくるし、それができればはてながITベンチャーの雄として認められるということなのかも。

すくなくともはてなブックマークとかが出るから、はてなが止められないのは確かだし。