続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

なぜ技術力が上がってないのか?

日本の有名な大企業に高いお金を払えば素晴らしいシステムを開発してもらえると思っていたら大間違いですよ。
上場企業のSEが作った仕様書でも、UI設計も、DB設計も、入出力仕様もボロボロなんです。
これが日本のIT業界の現実です。
システムを発注するエンドユーザ様にはそのあたりのこともう少し理解していただきたいです。
設計書をどう作るべきかってことが、何十年のノウハウの蓄積があってもなんでできないのか?
日本の上場企業の体質って理解できない。三菱自動車とか、雪印とか、問題になってる会社だけじゃないんだよね。問題がある会社ってのは。

技術力は蓄積すればどうにかなります。
逆にいえば蓄積するための方法論を確立し、それをPDCAサイクルとしてまわさなければ蓄積しません。
一山いくらで受注して丸投げ、プロジェクトの結果緒を回顧して問題点を解決することをやっていないから、何の蓄積もないんです。
で、下のほうは無理な押し付けに右往左往するばかりで、技術力が上がらない。
結局、仕事の結果が正しく評価されてないから、それがまかり通っちゃてるんです。
同じソフト開発でもゲームでは競争がシビアです。
少なくともUIではどこにも負けてません。