続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

枯れたOSだからできること

エディロールは、電子楽器メーカー「ローランド」の映像・DTMのブランドだ。そもそも楽器はある意味専用機だが、DTVやDTMとなると、汎用PCにボードを入れて云々というのが一般的である。だがエディロールでは、得意の専用機制作とPC技術のノウハウを生かして、ビデオ編集専用のマシンを作っている。

エディロールBeOSを使っているそうです。
専用マシンとして徹底的に開発しているため、マシンを立ち上げたらビデオ編集ソフトが動き、そのソフトを終えると電源が切れるというもの。
しかも、途中でコンセントが抜けても編集中のビデオは大丈夫だそうです。
ある意味、これからのPCの方向性を見せてくれるといえますね。
というわけで、モバイルギア復活をお願いします>NEC