続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

[ネタ」<a href="http://blog.goo.ne.jp/hwj-sasaki/e/97037452d02c1ee5f5ee8e397f7a0eb4">オヤジ系 vs 技術者系の溝は埋まるか</a>

る種の“技術者気質”に近いものを感じるのは私だけではないだろう。同じようなキャラクターを持っている人を、私は知り合いの中に何人か思い出すことができる。全員が技術者である。

 ポジティブに言えば、彼らはとても公明正大であり、無私である。ある種の正義を体現している。しかしネガティブな言い方をすれば、あまりにも容赦がなく、余裕も乏しい。

自分ってまさにそうです。
技術者だからかどうかは知りませんけが、システム開発などでの問題解決はロジカルな考えが求められます。
自分自身の生活にもそのロジカルさと持ち込んでしまうし、対人関係でもそうです。
そういう自分自身にとって声が大きくて酒が飲めればというのは、全く正反対のタイプなんですね。