続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

できないことを認める

(via 機械猫の日記 - べたな結論ですいません)

上流工程の人はほんまに下流工程のスキルがいらんのか?

確かに、全てのスキルを完全に持ち合わせた人間なんておらんし、分業化自体は悪くないと思う。個々のスキルに磨きをかけて、皆で力を合わせれば素晴らしいと思う。

でもなー、それでも下流工程のスキルもいるんちゃうんかなーと思うのだが・・・

はっきりした答えを持ち合わせてないので、モヤモヤモヤモヤ。。。

結局システムを作成させるのは下流工程の人間です。
システム作成が上流工程と下流工程の人間との共同作業である以上、コミュニケーションの手段として下流肯定のスキルが必要なんです。
プロジェクトを成功させたいなら、下流工程の人間の技術力を上げなくちゃいけないし、モチベーションをあげる必要もある。
プログラミングを知らなくても品質管理ができれば問題ないんですが、人の管理があることを前提にしなくちゃいけません。
設計書を書けばいいと思って、下流工程の人をけいししているのだったら、しっぺ返しが来るでしょう