続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

このままじゃTVを見なくなる

コピーワンスは、もしかしてエアチェックする気をなくさせるのが目的ですか?との質問に対して、在京キー局の人は『まさしくその通り』と答えて非常に驚いた。こういうことをいっているのだから、ハイビジョン時代になっても放送局の体質は全然変わっていない」

 コンテンツ活用の機会が増えれば、ユーザー/制作者両方にメリットがあるはずであると麻倉氏は訴える。

 「コピーワンスというDRM技術は、あまりにもコンテンツホルダーよりで過去の遺物。ユーザー=悪人視は絶対におかしいということは、CCCDの失敗でも証明されている。ハイビジョン文化を健全に発展させるためには、ユーザーを大事にするDRMを作ることが必要」

これには同感。
コピーができるからといってもコピーする手間はかかるんです。
こういう状態だったら、TVじゃなくネット経由で見るかTVをみなくなるんじゃないでしょうか?
いまはその他の選択肢があるんだし。