続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

コマ作りは基礎の基礎

技能者とは、いわば「職人」。設計図一枚から、実際の形にしていくのは、彼ら職人の技なくしてはありえない。ひとりの純朴な少年が、厳しい研修を経てプロの職人として育っていく姿を、丹念に追った密着ドキュメント。

ここで紹介されたのは18歳、高卒の金の卵。
ヤスリでコマやセンターポンチを削りだすという研修で基礎を叩き込まれます。
とても厳しく、優しい研修でした。
やはり、基礎・基本なくして成長はないということを実感しましたね。