続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

資格があれば有利、いや、そんなことはない

(via McDMaster's Weblog)

今や、資格が就職難を乗り切るキーワードなんだそうです。果たして本当にそうなのでしょうか?
弁護士・公認会計士・税理士といったいわば三大「サムライ業」も、有資格者をこれから大幅増するという施策もあり、必ずしも就職市場としての旨味はなくなってきている気がします。

というかすでに人が多すぎるそうです。
8月27日の日経朝刊「会計ビッグバン」によると、一昨年は二次試験に合格すれば大手監査法人に就職できたそうですが今年だと働き口は見つからないとのこと。
旨味どころか、そちらに時間を取られるとかえって危ない感じです。
結局、資格じゃなく実力もっといえば実績なんですよね。
自分がどんな経験をしてきて、どんなことができるかをはっきり言えて、それが強みになる。
そういったキャリアをいかにつむかを考える必要があるんです。