続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

Webデザインはソフトウェア開発に似てる

務所にお願いすると、画像で上がってきたんですよ。それはイラストレータさんが描いていたからです。Photoshopのレイヤー別になっていれば、切り貼りも簡単だったんですが、ほんとに画像で上がってくる事もあってそれを切り取って画像化して、HTMLにレイアウトするのに苦労していました。

それがだんだんHTMLで上げてきてくれるようになって、こちらからもターゲットのブラウザやスタイルシートの使用などを要求できるようになってきました。デザイナって広義な意味になってきていると思っていて、絵が描けるだけならイラストレータ、HTMLが書けて、結構WEBアプリケーションなんかも作れちゃうなんでも屋さんがアプリケーションエンジニアに好まれるデザイナさんなのかな思っています。

Webデザインは
・IEやMozillaといったブラウザで見たときに以下に綺麗かという部分
・フォーム入力や矢印といった使いやすさ
・HTML+画像+CSSといったコードに落とし込む
という部分があって、ソフトウェア開発に似ているとおもいます。
で、綺麗という部分は感性が必要で、HTMLやCSSは技術な部分でちょっと違うんですね。
なので、Webデザイナーというのも色々といるようになっているんです。
ちなみに、最後のHTMLを書くだけの人はHTMLコーダーとかHTMLオーサーとか言われることが多いです。