続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

認めたくなかった、この真実は

ソフトウェアの開発を考えると、ソフトウェア工学を学んだプロフェッショナルにしかソフトウェアの設計ができないか?というとそうでもない(本当は、できないといいたいところだが)し、

できたか、できないかは製作物(この場合ソフトウェアとTV)がちゃんと動いているかどうかだとおもうのです。
で、ソフトウェアというものはちゃんと動いているかを確かめるのがとても難しい部類に属するというところじゃないでしょうか?
本来はそのために受け入れテストやQA部門があるのでしょうけど、ちゃんと動いてない気がする。
日経ITプロでもなぜテストは軽視されるのか?という記事があるくらいですし。
ゴーログしてしまえば、「要するにソフトウェア業界はまだ未熟」ってことですけど。
ユーザーやディベロッパが品質管理にもっと力をいれて欲しいです。