続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

ドキュメントでシステムがわかるのか?

しかし、お客さんにとっては、システムを理解・使用するためには、それらのドキュメントしかありません。ソースコードを読んでシステムを理解するということは、一般的なお客さんではありえないでしょう。ドキュメント(主にマニュアル)を頼りにシステムを使っていくのですから、そのドキュメントの手を抜くことはできません。

かといって、まだまだ不況といわれる昨今、受注額も低いものです。ぎりぎりの稼動では、BESTなドキュメントを作成する時間はありません。システムすべてを記述することは難しいものです。

ドキュメントには2つの側面があります。
1つが、何をどのようにつくるかというシステムを決定する側面。
もう1つが、後々問題になったときのための証拠という側面。
この2つが組み合わさったドキュメントを書く必要があること自体がかなりの問題を生んでいるんですよね。
だからこそ、XPではドキュメントはなるべく書かない。テストが仕様だといっているのですが、
で、基本的に僕もそれには賛成なわけです。
ただ、XPがプログラマーサイドの方法論であることには注意をしておかなくちゃいけません。
XPは仕事の範囲は決まっているんです。仕様はころころ変わっても良い。ただし、どこからどこまでをシステム化するかは最初に決めておくということです。
その部分を知らないから日本じゃXPははやらないんじゃないかなぁ?
厳密や契約が必要だってことですからね。