続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

納得です

(via 野村総研)

「リッチクライアント」が導入段階に

 野村総合研究所は5月27日、次世代企業クライアントとして「リッチクライアント」が導入段階に入っているとした調査結果をまとめた。従来のWebブラウザベースのクライアントに比べ表現力や操作性の高さが特徴で、導入を検討している企業が増えているという。

 リッチクライアントは、クライアント側にアプリケーションの実行環境のみを搭載したもの。クライアント側に実行環境とビジネスロジックまで実装する「ファットクライアント」に比べシステム管理コストが安価になり、またクライアントからはWebベースで操作を行い、サーバですべてを処理するHTMLクライアントと比べ操作性と表現力が向上するメリットがある。

はぶさん(id:habuakihiro)が言っているように、FLASHなどを使ったリッチクライアントが広がっているようです。
とはいえJavaもあるし、mono projectが動くならC#でもいい。
FLASH,Java,.NET,その他
どれを選ぶかが重要になってくるかも知れませんね。