続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

薄さか大きさか?

三菱電機は5月26日、薄型のプロジェクションTV(PTV、リアプロ)が実現できる「DLP超広角光学エンジン」を開発したと発表した。新開発の光学エンジンは、奥行きが20センチ以下のPTV製品を作り出すことも可能という。2005年をめどに商品化をはかる予定。

というわけで実はリアプロジェクションTVがどうなるか?
ってのが次世代TVのキモだったりします。
特に50インチ以上の大型TVだったら、リアプロの方が競争力が上でしょう。
アメリカや中国の市場でどっちが主流になるかは注意しなくてはいけませんね。