続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

良いプログラマとは

コンサルタント会社に限らず、システム関連の職業ではプログラマは駆けだしの仕事であり、なるべく早くその上のポジションに就かねばならない、といった風潮があるように見えます。これは、早く高単価のポジションに就かせて売り上げを伸ばそうという意識の表れです。ですが、その結果として作成したシステムの品質が低下しているように思えるのです。

 システムの品質低下は開発コスト以上に運用コストに響きます。優れたプログラマが書いたソースは運用コストを下げることができます。それはバグの少なさ、パフォーマンス障害を引き起こす可能性の低さ、仕様変更への対応の容易さなどに表れるはずだと思っています。

これは思っているのではなく現われます。
優秀なプログラマがよく考えてつくったプログラムは簡潔でスピードが速く、メンテナンスもやりやうい。
要するに質が高いのです。

でも、それが評価されない。
開発の費用は考えても維持・運用費用を考えてないことは多いし、そもそもプログラムの質の高さを評価できていないんです。
だから多重下請けになるし、外注で済ませるという考えも起こる。
技術が正しく評価できないと、衰退するのは目に見えてます。