続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

ワークステーションとしてのLinux

Linux搭載PCが“Windowsの顔”で普及へ
MS Office互換ツールの登場が後押し,搭載PCの安定供給はサポート体制待ち

クライアントOSとしてのLinuxに注目が集まっている。昨年秋の「LindowsLinspire)」ブームは沈静化したものの,Windowsライクな使い勝手を提供するOSやオフィス・ソフトの登場で息を吹き返した。クライアントOSとしてLinuxは選択肢になり得るのか――現状と課題を探った。

ボクはいまだにGnome-TerminalでのCUIを使ってますけど、今のLinuxはかなり使いやすいです。
Windowsみたいにフォルダを開いて、拡張子連動でソフトが動きますから。
ただし、日本語入力やマルチメディア関連はちょっと弱いです。
というわけでTVを録画したいとかには、ちょっと不向き。
まだまだマニア向けなのは否めませんね。
ただし、これからフリーウェアが増えそうな感触はあるので、注目して置いて損はないと思います。