続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

だからそうじゃないのよ。

第3回 Javaコース初級編(その3)
グレープシティ株式会社 アドバイザリースタッフ
矢澤久雄
2004/4/22

 この記事は、翔泳社で実施する独習ゼミの研修を紙上で再現したものです。

使用したプログラミング言語Javaです。プログラミング経験の有無から「初級コース」と「中級コース」に分かれて、それぞれ4問ずつプログラミングの課題に取り組んでいただきました。講師を務めた私の役目は、赤ペンでソースコードを添削することでした。提出されたプログラムは、どれもきちんと動作しましたが、誰にも共通した問題がありました。それは「プロらしくない」ということです。

今回の目的はクラスをどう作るかですね。
でも、それがなってない。
赤ペンのほうも、それをちゃんと指摘してないのはイカガなものかと。
つまり今回の場合、図形を描くメソッド・面積計算メソッド、
面積表示メソッドの3つがクラス上のメソッドになるべきだし、メソッドは同一名にすべきでしょう。

それともう一つ。
PCができることを人間にやらせるな
三角形を描くクラスで、3つの点をじかに変数に導入しています。
ここがこのソースの一番の改善点でしょう。
要件からみれば一つの点がきまれば、後の2つの点は自動的に決まります。
これはPCで自動計算すべきでしょう。

って、ソースは書かないので説得力はないですけど。