続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

まず、Divide&Concureだろ。

2回 Javaコース初級編(その2)

 この記事は、翔泳社で実施する独習ゼミの研修を紙上で再現したものです。

使用したプログラミング言語Javaです。プログラミング経験の有無から「初級コース」と「中級コース」に分かれて、それぞれ4問ずつプログラミングの課題に取り組んでいただきました。講師を務めた私の役目は、赤ペンでソースコードを添削することでした。提出されたプログラムは、どれもきちんと動作しましたが、誰にも共通した問題がありました。それは「プロらしくない」ということです。

実際のコードと添削を見てたんですが、こうめまいがします。

そりゃ、変数名のつけ方などのコーディングスタイルも重要なんですけどね。

大事なのは、Divide & Conqureでしょう。

課題をできるだけ簡単で検証可能な問題に分割していって、それぞれが正しく動くようにコーディングをする。

そして、それぞれのモジュールを組み合わせて全体をつくる。

それをまず教えるべきなんじゃないですか?

というわけで、上記のプロらしくない添削に不満たらたらなのでした。
ハイ