続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

言い得て妙


何ていうんですかね、高倉健さんのようなコードだったり、高倉健さんのようなデータ構造、ってのを目指す切り口として、IoCAOPを捉えたいな、と思います。

ということは、これって設計の話なんです。コードの「書き方」ではなくて「いかにコードを書かないで要件を実現するか」ということについての「考え方」を深めていかないといけないのです。手を動かす方が仕事してる気分になる人には、そこが最初はきついのかもしれません。

高倉健さんというのがツボにはまってしまいました。
そう、書かなくて済むなら書かなくていい。
どうせ書くならシンプルかつ短く、これがボクのポリシーですんで。
といいつつもPHPerなんで、Seasarを使ってないのがつまらんのですが。
うーむ、早く開発用PCを調達してJava環境を構築しなくては。

広告を非表示にする