続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

ポイントはモデリング、というかイメージなんです。

問題はUMLを描けることじゃなくて、モデリングをすることなんです。
しかし、この間のギャップは果てしなく深い。
本当の意味でUMLを使いこなすためには、顧客が何をしてほしいのかがわかる洞察力、業務がどう動いているかを知る分析力、あるべきシステムをデザインする設計力が必要なんです。
大事なのはUMLで描くことじゃなくて、システムがどう動くべきかを具体的に想像できるイメージなんですがね。


UMLはモデリングをした結果を表記するための言語であって、UMLを使えばシステムに対してモデリングした結果にはならないと思った。
なぜなら開発者が開発するための元とするUMLを作るためには、ビジネスをモデリング手法を用いてモデリングすることはもちろん、エンドユーザが必要とするシステムのために、その性能要件を満たすシステムを形成するためのモデリング結果が必要なためである。
よってUMLを成果物に使ったからと言ってユーザが求めるシステムに対するモデリングをした結果とはならない。どうもそのシステムを構築する部分で重要な要素を忘れている設計者がワタシが携わる現場に多いのは腑に落ちない。